社員インタビュー

particle_sensor



開発部 開発2課

2016年 入社




木内 達也
Tatsuya Kiuchi

仕事内容

私の所属する部署では、半導体技術を用いて作る小さな機械、通称MEMSと呼ばれるものを開発しており、入社1年目から私もその一員としてMEMSの開発に携わっています。MEMSはミクロンサイズと小さいながらも、れっきとした機械です。そのため無理に動かしてしまうと、特性が変化し、時には壊れてしまうこともあります。そうならないように設計段階であらかじめ入念にシミュレーションを行います。しかしシミュレーションを行っても、予想していない評価結果が出てくることもしばしばあります。その度、評価を行い、結果を分析し、次の設計に生かしていきます。このようなトライ&エラーを繰り返して、より良いMEMSを作ることが私の仕事です。

MTCの仕事の中でやりがいを感じたとき

私は元々機械系の学生ではなく、MEMSなんて言葉も知らない状態で入社しました。入社1年目の頃は、データを測定しても何が何だかわからず、度々上司に質問をしていた記憶があります。その1年後、入社2年目の頃にMEMSの設計変更がありました。実際に設計変更を任され、自分の知識を使ってどこをどのように変更するか考え、想定した性能を出すためにしっかりシミュレーションを行い、出てくるMEMSの性能を予想しました。MEMSが出来上がり、評価を進め、予想通りの評価結果が出てきたときは自身の成長がダイレクトに感じられてとても嬉しかったです。予想通りにいかなかった部分ももちろんありましたが、だんだんと分析が出来るようになり、次に生かせる知識も増えていったことで、自分の自信にも繋がりました。

MTCを選んだ理由

元々大学の専攻は物理・化学の分野で研究室は有機化学でした。対して、仕事としてやりたかったのは所謂モノづくりといわれる仕事で、少しギャップがありました。就活中は会社の事業と雰囲気を重視して活動していました。最終的に2社のどちらかを選ぶことになったのですが、最後この会社に決めた理由は、エンジニアとしてしっかりと育てますと言ってもらったことと、実際に会社見学で感じた雰囲気が自分に合っているかもしれないという直感でした。実際入社してからは、MEMSを設計から量産にかけて携わりながら成長できていますし、上司の方とも堅苦しい関係ではなく、フランクに議論を交わせており、実際に感じた雰囲気通りだったので、自分とあった社風の会社で働けて満足しています。

MTCの好きなところ

エンジニアとして働いている以上コミュニケーションは欠かせません。自分ではわからない部分を専門家に聞くことや、設計している製品の相談事など人と話す機会は多々あります。そんな時に聞きづらかったり、話かけづらかったりすると嫌な気持ちになったりするものです。私はMTC以外の会社を知っているわけではありませんが、MTCは比較的話かけやすく、会社というよりは研究室に少し近いような雰囲気の会社だと思います。色々議論もはかどるので、知らない知識やアイデアなどがふとした時に舞い込んできたり来なかったり。そんなフランクに話し合える環境があるところがMTCの好きなところです。

普段の休日の過ごし方

コロナ前までは東京方面に遊びに行くことが多かったです。友達が大体東京近辺に住んでいますので、遊ぶときは東京でした。高速バスで2時間かからない位なので案外行きやすかったです。ほかにはライブにもよく行っていました。いいストレス発散になっていたなと実感します。声が出せる状況が戻ってくればよいのですが・・・。
コロナが流行ってからは当然ですが家にいる時間が多くなったので、休日の時間をゲームや料理、晩酌に多く使っています。これはこれでいい休日を過ごせていると思っています。

仕事の1日のスケジュール

8:30~ 出社
8:40~ メールチェック
9:00~ MEMSミラー設計(シミュレーション)
12:00~ 昼食・昼休み
13:00~ MEMSミラー設計についての打ち合わせ
15:00~ MEMSミラー設計の続き
17:15~ 退社

採用情報